アイルランドワーホリDAYS

アイルランドにワーホリ中の26歳独身女のブログです。趣味は写真と映画

洋画は字幕か吹替か問題について考えた

字幕VS吹替戦争

長らくこの戦争が続いていましたが(?)私の中で決着がついたので報告しておきたいと思います。

 

f:id:lili0708:20180801155311j:plain

 

今までの私は、小学一年生の頃に父親に連れらえて映画館でアルマゲドンを字幕で観た事に始まり、吹替はクソだと思い込み、洋画は必ず字幕で観ていました。まあ英語の勉強にもなるし声優とか特に興味ないしとかいう感じで特に深く考えることなく字幕派でした。

ところが、アイルランドの映画館で映画を観ている時 ある事に気づきました

 

視界が超良好

 

字幕がない分、画面全体をしっかり捉えられる。俳優の顔にしっかり注目できる。そして字幕がないので余計に台詞に集中できる。字幕無い方が映画観るの楽しいやんけ、、、、!と思いました。なんて言ってるか追いついていける比較的優しい映画の時に限る(パディントンピーターラビットなど) この景色が、、、!今まで吹替派が主張してきたことか、、、、、、、と、ようやく納得 やっぱり、認めたくなかったけど(?)字幕があったらどうしても画面の下の方に目線が集中してしまうし、難しい話とか結構字幕を見るのに精一杯で画面の動きに追いついていけてないときあるなーとか思った

大学生の時になっちゃんの字幕講座みたいなのとったことあるけど、字幕は○文字以内にしないといけないとか、そういうルールを学んだような気がする けれども結局映画のレベルによってそういう配慮がされていても字幕を追いかけて流れについていけないものはあるわけで

なのでようやく、字幕でも良いとは限らないと自覚するに至った

 

 

では、何か、吹替で観ればいいんか?

というと、吹替もそれもそれで、、、、

昨日、録画してあったマリアンヌという映画を観た。ブラピと美しいマリオンがいろいろあって幸せに暮らすのかと思いきややっぱりそうはいかなかったという話ですが、吹替で録画してあった。で、それで観たんだけど、やっぱりテンションが下がった。ブラピがパリでフランス語を話さなきゃいけないというところで、マリオンが「あなたのフランス語はケベック訛りだからダメねぇ」的なことを言うあたりでブラピの吹替の声優がフランス語までも吹き替えしていて、それがすげえカタカナで、えっ()てなった そこは別にブラピのままでも良かったんじゃ無いか、、、、??

それに吹替ってブラピの顔して日本語喋ってるみたいな、なんかそこが違和感なんですよね、アニメとかなら良いのかもしれないけど、全然合ってなく見えてしまう。

 

なので、一番最強なのは字幕なしで洋画を英語で理解することだと、より実感

まあこれは前から言ってることだが、最終的な私のゴールはここなんだと思う。いや長々と書いたが結局そうだよねって感じ笑

 

そして字幕VS吹替問題は、

基本的には字幕だけどたまには吹替も良いよね、って言うスタンスになりました。前は字幕以外絶対許さないと思っていたのでこう言う変化が生まれたのは新しい(?)

 

アイルランドでは3日連続で映画館に行ったりとにかく暇だったらいつも映画館にこもっていました。そのおかげで(?)結構最後の方には何て言ってるのか最初と比べたら理解できるようになったなーとか思ったので、積極的に字幕なしで洋画を観たい。と思います。と言う謎の報告

 

あと全然関係ないけど思い出した話 なっちゃんの講演みたいなやつに行った時に結構映画の裏話をしてくれて。トムクルーズと仲良しとかジョニデがどうとかそう言う話 で最後の方時間なくなって結構端折られてしまったんだが裏話をしたかった俳優の写真を時間ないからさらっと見せますねーとかいった中に、ジュードとキャメロンの写真があってうううううわあああああああそこもっと詳しく!!!11と心の中で叫んだと言う話(?)でした 彼女を非難する人も多いけど色々と今まで苦労してきたんだなーと言うのを知ったし第一人者なりのプライドはそれなりにかっこいいなと思ったので私は好きですけどね〜

 

 

そう言うわけで謎の報告と、なっちゃんとの思い出でした(?)

こんな記事でも目を通してくださりありがとうございました。。。

また更新します!