アイルランドワーホリDAYS

アイルランドにワーホリ中の26歳独身女のブログです。趣味は写真と映画

日本人が好きという言葉に騙されていた

私が最初に日本人が好きだから〜と言われて騙されたのは、2番目の家を決めたとき。ビューイングに行った時にそこの管理人(後に一緒に住むことになると知るルーマニア人のクソジジイ)に、日本人は決して時間に遅れないし勤勉ですごい。だから日本人が好き的なことを何回も言われ、まあその時は日本人に対して好意的であるということに安心し他の条件も良かったのでそこに決めてしまった。これが家選びの一番の失敗点だった、、、海外の人が日本人が好きってどういうことかとイメージするのは軽いからとか静かだからとか。でもジジイが言う日本人が好きというのは、日本人はそんなに英語が話せない=自分にあまり反論してこない=自分の話したいことをずっと話せる、ルールに従う、ノーと言わない、つまり日本人は自分の思い通りになる的な感じで考えていたのではないかと思われる。というのも最初の頃は一緒にオーストラリアの子も住んでいたのだがジジイは、彼女は英語が話せるからって調子に乗ってる。とか言って嫌いだとか話してきた。いや英語ネイティブだし…私には調子に乗ってるというか普通に話しているようにしか見えなかった笑 ジジイはルーマニア人で英語ネイティブではないが普通にペラペラで発音も良くききやすい。それでもネイティブをそんな風に言うのはなんらかのコンプレックスがあるのではないか、そして英語ができないと思われている日本人の前で優位に振る舞いたいんだなと思った。

そしていろいろあって、この家を出ることになり新しい家を探していたが、ここでも日本人が好きと言ってくるジジイ2に出会う。そしてどういうわけか懲りずに私は日本人大好きジジイ2の家に決めてしまう。ただこっちは前に住んでいた日本人が良い子だったので、自分は日本人が好きという趣旨のことを言っていて前のジジイとは違う感じか…?と思ってしまった。違っていなかった。ジジイ2はアイリッシュだがイギリスの有名大学を卒業していて、自分はアイリッシュであることよりもその大学を出たことが誇りとか何とか言っててイギリス英語っぽく気取って話をするような人。そんな話をしていた時に、日本人は自分と同じ事を考え、自分は日本人と同じ事を考える。だから日本人が好き。と言ってきた。私「………????!?」しばし固まる。な、何を言ってんだこのジジイ2は…。最初の頃にこういう話をされて随分とプライドが高く他の人を見下しているということに気がついた。そしてジジイ1と同じくマシンガントーク型。どうやら老人達は自分らの話を英語ができない、反論してこない、ノーと言わない日本人に言ってストレスを発散しているんだな、と思った。

そして、日本人が好きという彼らの共通点がわかった。まず差別的であること。日本人が好き、といったあとにでも〇〇人は嫌いという話を必ずする。日本人は好きだが韓国人は嫌い。ドイツ人は好きだがイタリア人は嫌い。まあ老人なのでこういう考えはつきもので仕方ない?のかもしれないがそれ以外にも話を聞いていて差別的な発言が多い。まあそこでいちいち反論とかしないから余計に話しやすいんだろうな。そして2つ目はプライドが高く他人を見下していること。日本人が好きと言う割には日本人のことをかなり下に見ている。というかヨーロッパの人からある程度アジア人は下に見られている?のかもしれないが彼らはけっこう露骨。そして、ステレオタイプ。日本人=静か、というイメージがあったら静かじゃないお前は日本人じゃない!と言ってくる。いや日本人だわ。日本人=〇〇で考えが固まっているのでそれ以外は認めようとしない。日本人は静かにウンウンと自分の話を聞いてくれる大人しい子しかいないと思っている。ジジイ1に至っては、ここを日本人のドミトリーにしたい的なことを言っていた。自分が頂点に立って支配したいんだろうな…そもそも、日本人が好きとかわざわざ言うこと自体変というか、その時点でもっといろいろと気付くべきだった。ただの日本人好き=体目的とはまた違う、こういう感じ?こういう人もいるんだなっていう。

まあこんな感じで、日本人が好きと言うことを聞いて少々ポジティブに捉えていたところがあったが、全くの逆でした。こういう老人にはお気をつけくださいという記事でした。