アイルランドワーホリDAYS

アイルランドにワーホリ中の26歳独身女のブログです。趣味は写真と映画

一時帰国の帰りにストライキに巻き込まれた

まさかのタイミング。帰りの便は4月10日ルフトハンザでフランクフルト経由でダブリンだったんですね。それが朝起きてぼんやりツイッター眺めてたら、ルフトハンザがフランクフルト空港とミュンヘン空港で10日にストライキ予定とかいうツイートを見て。とりあえず早めに空港いっとくかー。。という感じで友人宅をバタバタと出ることに。

f:id:lili0708:20180411044644j:plain

空港でスタッフにストライキの影響ありますかとか聞いたけどこの時点では朝早すぎてスタッフ間でもあんまり情報共有できてなかった?みたいな印象。それで心配していたけどフランクフルトまではコードシェアということもあり普通に出てたんですけど、その先のフランクフルトーダブリン間がキャンセルになっていると言われた。チェックインのときに。え。どうしよーと思っていたら、現地についてからご自身でまあなんとかしてください的な感じ。笑 そりゃ日本の人たちはなにも関係ないのでまあそうだよな〜と思い絶望しながらもルフトハンザの公式サイトから検索すると私のダブリンまでの便は通常通りと書いてあるではないか。え。なんなん、、、これが判明したのが日本を出発する直前で、あわてて日本語が通じるうちに!と思ってなんかわかっていそうなスタッフに確認。すると、キャンセルっていうのはチェックインの時の案内ミスでこのサイトの通り今のところは運行しますとのこと。え。まじか。とりあえず少し安心。

f:id:lili0708:20180411044809j:plain

そして肝心のフランクフルト空港についた時も日本人の空港スタッフ?的な人が待機していたので再び確認。出発直前に聞いた内容とほぼ同じだったので安心できた。最初に自分でどうにかしてって言われたときはどうしたもんかと思ったが実際現地にも日本人スタッフがいたのでなんとかなってたかもなぁと思った。そしてフライトの掲示場みたらLHの全部の便が欠航というわけではないっぽい。そして空港も混雑とか混乱しているわけでもなく割と普通の感じ(まあ初めて来たところだから普通がわからんけど)で、結局のところ私に影響したのはトランジットで預け荷物は目的地まで行く予定だったがそれを一旦受け取ることになったというくらいかな。

しかしいきなりこんなことになって焦った。確かに春はストライキのイメージ(?)だから気をつけないといけないのかも、、、?そしてやっぱり空港とか旅行に行くときは時間には余裕を持って行動したいと再認識する私なのでした。。。

f:id:lili0708:20180411045033j:plain

空港をでてフランクフルトの街を少しうろうろしました。桜が咲いてた。懲りずにスタバの限定マグカップシリーズを購入。

そんな感じでまた更新します。
それでは〜